GSパワーコールのマーケティング力

GSパワーコールのマーケティング力

「GSパワーコール」の告知力とスピード力

1日500万コールの告知力で、ダイレクト媒体であるテレマーケティングを準マス媒体として利用可能。

30分12万コール! 1時間25万コール!!
など、時間を限定して配信することが出来る。
ビッグデータの利用にも最適。

例)
東京都世田谷区の約45万世帯(平成25年3月月現在、世田谷区HPより)に実施する場合、2H以内にコール終了。※3分のメッセージを想定。

お客様からのリアクションを直接獲得できる「GSパワーコール」

お客様イメージ写真

メッセージに設問を付加することが可能。
パーミッション獲得やアンケートなどお客様から
直接リアクションを獲得したい場合に有効。

調査の場合、接続数の数%から15%程度の回答率。

※内容・対象・エリア・タイミング・話題性、メッセージの長さなどにより、反応率は変化します

RDDデータへの架電も可能。様々な層へのテレマーケティングを実現。

固定電話イメージ写真

電話番号さえあれば、固定・携帯共にコール可能。

インハウスデータ(固定・携帯)、電話帳(固定のみ)
独自RDDデータへの架電も可能。※調査に限ります。

RDDについて GSパワーコールは、独自作成のRDDデータへの架電が可能です。GS独自RDD方式は、自動的に発生させた電話番号から、使われていない電話番号や不必要な電話番号を取り除いた番号を抽出するため、電話帳の掲載率などに左右されません。

▶GS独自RDD方式と電話帳の回答者属性

次のような属性の方々にも

  • パソコンを頻繁には見ない層
  • メアドがない。メールがあまり効かない層
  • 紙媒体では反応が少ない層
  • シニア・シルバー層

オペレーターでは困難な案件もスピーディーに達成する進化型オートコール

オペレーターイメージ写真
  • コール件数が多すぎる場合
  • 緊急性を要する場合→「リコール」、「緊急通報」など
  • コール頻度が高い場合→「安否確認」など
  • オペレーターでは、コストがかかり過ぎる場合
  • オペレータが電話しないほうがいい場合
  • オペレーターでは、聞けない内容の場合など

「GSパワーコール」の活用事例

20年を超える自動音声の経験とテクニック

  • 会員向け告知ーエリアマーケティング・CRM・リマインド 通販業、車検、スーパー、百貨店、小売り店、ホームセンター、酒販店、ドラッグストアー、葬祭・フューネラル関連など
  • 新規のリード・パーミッション獲得 リフォーム、墓石・石材、互助会、土地活用、太陽光、通販
  • 調査・リサーチ 選挙区情勢調査、認知度調査、シニア・シルバー対象の各種リサーチ
  • 安否確認、催告
  • 自動音声受付のインバウンドマーケティング
活用事例イメージ
お問い合わせはこちら
  • 政策PR.TV
  • マイナンバー社会保障・税番号制度
  • 定期的に実施中 セミナー情報
  • 第1回インターネット当選セミナー 開催風景
  • リサーチ・ザ選挙 | GS当選ナビゲーター
  • お問い合せ